掲載日: 文章:Clipee運営局

【高校野球】甲子園一番乗りは沖縄・興南!2年ぶり11度目の甲子園切符!

7月16日、全国高校野球選手権沖縄大会決勝が行われた。決勝は未来工科学高校対興南高校で行われ15-1で興南が圧勝した。

2010年以来の優勝を目指す

2010年に島袋洋奨(ソフトバンク)を擁し春夏連覇を達成した興南が強さをみせつけた。この日の先発は公式戦初先発となる1年生の宮城大弥。最速142キロのストレートを武器に9回完投15奪三振をマークし、未来工科打線をねじ伏せた。今大会で宮城は22.1回1失点、34奪三振と圧巻の投球。沖縄からニューヒーローが誕生した。

2010年のエースであった島袋と同様に小柄(173センチ)な左腕ではあるが、甲子園がかかった決勝の舞台で快投を演じるほどの投げっぷり。昨年にU-15W杯を侍ジャパンとして経験していることも心強い。日本代表でチームメートでもあった横浜高校の及川雅貴と甲子園の舞台で投げあうことに期待が掛かる。

甲子園まで約1カ月で最後の仕上げを行い大旗を沖縄へ持って帰りたい。

一戦一戦、みんなで強くなるチーム、九産大九州高校を訪問(後編)

こちらの記事も読まれています

新着記事