掲載日: 文章:Clipee運営局

昨夏の経験を生かしたい!山梨学院のエース左腕・吉松塁【Players report】

山梨学院で栗尾勇摩とエースを争う吉松塁。今夏はエースナンバー「1」で甲子園に出場することになりそうだ。

氏名:吉松塁(よしまつるい)
守備:投手
投打:左投左打
所属:山梨学院高校
出身:浦安シニア

浦安シニア時代に全国大会出場経験もある吉松。山梨学院高校進学後は1年時からベンチ入りを果たす。2年夏の甲子園では背番号「11」で甲子園に出場。エースナンバーこそ同学年の栗尾勇摩に譲ったものの、2試合に先発し10.2回を投げ失点2(自責1)の成績を残している。

秋季大会では背番号「1」を背負い関東大会に出場。初戦の霞ヶ浦高校戦で8.1回1失点の好投。続く、準々決勝の東海第一原望洋高校戦では敗れたもののリリーフとして4.2回2失点。

今夏の予選では2試合に先発し20.2回を投げるも11失点と調子は上がらなかった。しかし、決勝では東海大甲府高校を3失点完投で破り2年連続の甲子園切符を手に入れた。

最速140キロの左腕である吉松は球速こそ速くないが、カーブ、チェンジアップといった緩いボールを交え緩急で打ち崩す。今夏は昨夏以上の成績を残したい。

吉松塁に関する動画

【高校野球】昨夏王者の作新学院、準優勝の北海ら7校が甲子園切符

こちらの記事も読まれています

新着記事