掲載日: 文章:Clipee運営局

大阪桐蔭の次期エースを目指す!柿木蓮【Players report】

史上初となる2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭高校。選抜優勝投手でもある徳山壮磨に続く投手の育成が課題となっていたが、楽しみな投手が現れた。徳山らの1学年下となる柿木蓮だ。

氏名:柿木蓮(かきぎれん)
守備:投手
投打:右投右打
所属:大阪桐蔭高校
出身:佐賀東松ボーイズ

佐賀東松ボーイズ時代には日本代表入りも果たしている柿木。大阪桐蔭高校では2年春にベンチ入り。優勝を果たした今春のセンバツでは1試合のみの登板だったが1回無失点の出来だった。

センバツ後の春季大会では準々決勝の上宮高校戦で先発。被安打2に抑え完封勝利。エースの徳山に次ぐ2番手投手を争う中での起用に応えている。

今夏の予選では4回戦の同志社香里戦で初先発。2回2死から8者連続三振を奪うなど7回無失点11奪三振と圧巻の投球を見せた。

181センチ・84キロの体格から投げ込むストレートは最速146キロ。スライダー、カーブなどの変化球も使うが、ストレートで押し込む投球を見せる。今後、大阪府予選の終盤、甲子園では徳山、同学年の根尾昂がいることもあり登板の機会は限られる。しかし、少ないチャンスをモノにして春夏連続で甲子園のマウンドに立つことを期待する。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事