掲載日: 文章:Clipee運営局

青木は先制の犠飛!前田は5回2失点で勝ち投手の権利を持って降板!

青木は先制の犠飛!前田は5回2失点で勝ち投手の権利を持って降板!
photo by GettyImages

現地時間7月25日、MLBでは青木宣親(アストロズ)、前田健太(ドジャース)が出場を果たした。

前田は9勝目の権利を持って降板

シチズンズバンク・パークで行われたフィラデルフィア・フィリーズ対ヒューストン・アストロズの一戦。青木は8番・左翼でスタメン出場。3回表無死三塁で回ってきた第1打席ではきっちりと犠牲フライを放ち先制点を奪うことに成功。しかし、その後安打は生まれず3打数ノーヒット、打点1に終わっている。この結果、打率.277(195打数54安打)となった。

ドジャースタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対ミネソタ・ツインズの一戦に先発した前田。2回までパーフェクトに抑え順調な立ち上がりだったが、3回に四球、安打から適時打を浴び失点。しかし、味方打線が4回裏に4点を援護。4-1で迎えた5回に1点を失いこの回でマウンドを降りた。この日の前田は5回2失点(自責1)、被安打5、与四球2、奪三振4(91球)で勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りた。

ドジャース・前田は5回1失点で勝ち投手の権利を持って降板

新着記事