掲載日: 文章:Clipee運営局

田中が自己最多14Kで8勝目!イチローは代打で二塁打!

田中が自己最多14Kで8勝目!イチローは代打で二塁打!
photo by Gettyimages

現地時間7月28日、MLBではイチロー、田澤純一(ともにマーリンズ)、田中将大(ヤンキース)青木宣親(アストロズ)が出場を果たした。

田澤は3試合連続の失点

マーリンズ・パークで行われたマイアミ・マーリンズ対シンシナティ・レッズの一戦。2-3と1点ビハインドの6回裏無死一塁で登場したイチロー。カウント2-2からの7球目を二塁打としチャンスを演出した。これでイチローは打率.240(125打数30安打)となった。7-3と逆転に成功したマーリンズは9回のマウンドに田澤を送る。その、田澤は本塁打を浴び1点を失ってしまうもその後は抑えチームは7-4で勝利した。

ヤンキースタジアムで行われたニューヨーク・ヤンキース対タンパベイ・レイズの一戦。田中は7回に1点を失うも8回まで14三振
を奪う好投を見せ8勝目(9敗)をマークした。

コメリカ・パークで行われたデトロイト・タイガース対ヒューストン・アストロズの一戦。青木は9番・右翼で先発出場し3打数ノーヒット。これで青木は打率.271(199打数54安打)となっている。

田中は2被弾を含む4失点で8勝目ならず!

こちらの記事も読まれています

新着記事