掲載日: 文章:Clipee運営局

上杉あずさの今週の1ダホー!二軍で奮闘してきた2人の若鷹がプロ初スタメン!

こんばんは。とにかく野球が大好き、上杉あずさです。毎週日曜日に、“あずさの今週の1ダホー!”として、1週間のホークスを振り返り、「ワンダホー!」と感じたことを綴って参ります。純に真っすぐに野球と向き合って、見たこと感じたことを発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

18回目は、

【Wプロ初スタメン出場ワンダホー!】

 今季開幕直前の3月24日、悲願の支配下登録を勝ち取った曽根海成内野手。高卒4年目の今季、夢舞台を駆け巡っています。7月29日、ヤフオクドームでの日ハム戦。9番二塁で、プロ初のスタメン出場を果たしたのです!本当におめでとうございます!27日に一軍初昇格し、初登録。そして、その日の楽天戦の8回に、代走でプロ初出場したばかり。その初代走では、自慢の俊足を生かし、アピール!そして、本拠地に帰ってきて早速、スタメンに名を連ねたのです。
「少ないチャンスだと思うし、経験も実績もないんだから、結果を恐れずに思いっきりいって欲しい」と、昨季は二軍で指導してきた藤本打撃コーチも喜びを感じながら期待を寄せます。本当に負けず嫌いで一生懸命で、育成から支配下を勝ち取り、ここまでたどり着いた曽根選手。「だいぶ成長してますよ。フレッシュオールスターでのMVPも自信になってると思うしね」と目を細めていました。
「曽根選手をスタメンで使おうという決め手は何だったんですか?」。そう尋ねると、「監督がね…」と、藤本コーチは笑みを浮かべました。「旬な選手を使おうってことで、フレッシュのMVPもあったし、曽根をスタメンにしてみようかという話になったんですよ」。普段は、どちらかというと、打撃コーチ陣が監督に「〇〇は今、調子が上がってきてるから使ってみたらどうですか?」と提案して、監督が判断を下すことが多いようですが、今回は監督からの提案だったということで、コーチにも嬉しい驚きがあったようです!当の本人、曽根選手も、試合前練習中にスタメンであることを伝えられ、驚いたそうです(笑)。

 そんな初スタメンの試合では、早速、1回に守備機会がありました。一塁手・明石選手との間に上がったフライを積極的に捕球!球団広報曰く、ベンチ裏の方まで、曽根選手の大きな声が聞こえてきたそうです。気合い入ってますね!7回には、日ハム・大谷翔平選手の二塁ゴロを処理。「打球がスゴくてエラーしそうでした!生・翔平に感動しました!」と野球ファンの少年のような表情で、興奮気味に振り返りました(可愛かった笑)。そして、初打席は、3回。緊張で足が震えたという第一打席は、ハーフスイングをとられて空振り三振。5回の第二打席は、遊撃ゴロ。第三打席は、一塁ゴロ。3打数無安打ながら、9回の守備で交代するまでしっかりと一軍の試合でグラウンドに立ち続けました。

こちらの記事も読まれています

新着記事