掲載日: 文章:Clipee運営局

ソフトバンクが上林の一発で逆転勝ち!【7月31日試合結果】

7月31日、北海道日本ハムファイターズ対福岡ソフトバンクホークスの1試合が行われた。

3回の集中打でソフトバンクが逆転勝ち!

日本ハムは初回、レアードのソロ本塁打で先制すると、2回には安打の中田翔を一塁に置いて6番の大田泰示が自己最多を更新する11号2ランを放ってリードを3点に広げた。

3点差を追うソフトバンクは3回、この日4番に入った柳田悠岐の二塁打でチャンスを作ると、デスパイネの適時打で1点を返すと、さらに一死一、二塁として7番・上林誠知が10号3ランを放って逆転に成功。さらに明石健志の適時打でこの回一挙5得点。

5回には先発の松本裕樹がピンチを迎えたが、リリーフしたモイネロが大谷翔平を遊直に抑えピンチを切り抜ける。終盤は岩嵜翔、サファテと繋いでソフトバンクが逆転勝利。5回のピンチを抑えたモイネロが今季2勝目。

ソフトバンクは3連勝で、試合のなかった東北楽天ゴールデンイーグルスに-0.5ゲーム差の2位とした。

7月31日の試合結果は下記

日 |120 000 000|3
ソ |005 000 00X|5

勝:モイネロ(2勝0敗)
敗:吉田(0勝2敗)
S:サファテ(1勝1敗33S)
【本】
日本ハム:レアード23号(1回表ソロ)、大田泰示11号(2回表2ラン)
ソフトバンク:上林10号(3回裏3ラン)

広島ドラ1・加藤拓也が4勝目!DeNA・細川に1発!【7月30日・二軍試合結果】

こちらの記事も読まれています

新着記事