掲載日: 文章:Clipee運営局

「滝川二高のイチロー」こと高松渡【Players report】

甲子園出場はならなかったものの、元メジャーリーガーのマック鈴木(中退)を輩出した滝川二高に俊足巧打の外野手が存在する。今秋のドラフト候補でもある高松渡だ。

氏名:高松渡(たかまつわたる)
守備:内野手・外野手
投打:右投左打
所属:滝川二高
出身:浜の宮中学(軟式)

浜の宮中学時代は軟式野球を行っていた高松。滝川二高入学後は1年時からベンチ入りを果たす。2年夏の予選では3試合で打率.444をマーク。守備位置は遊撃手、右翼手と両ポジションこなしていた。

注目を浴びたのは3年春に行われた履正社高校との練習試合だ。3番・左翼で出場を果たし4安打、3盗塁。最後の夏は準決勝で敗退。甲子園出場はならなかった。

176センチ・63キロで俊足巧打が売りのアベレージヒッター。特に一塁到達タイム3.5秒台を記録したこともある。すでに、複数球団のスカウトが視察を行っており中位指名候補となりそうだ。新聞報道では「滝川二高のイチロー」などとも評されており注目を集めている。俊足だけならプロに交じっても通用するスピードがあり今後に期待したい。内外野守れることもアピールポイントの一つとなりそうだ。

高松渡に関する動画

西東京の決勝で公式戦初完投!松本健吾【Players report】

こちらの記事も読まれています

新着記事