掲載日: 文章:Clipee運営局

2年連続弾で優勝を目指す!川村友斗【Players report】

2年連続38回目となる夏の選手権出場となった北海高校。昨年は大西健斗(現慶應大)の力投が目立ったが、今年は野手でも注目選手が存在する。昨夏2本塁打を放った川村友斗だ。

氏名:川村友斗(かわむらゆうと)
守備:内野手
投打:右投左打
所属:北海高校
出身:松前中学(軟式)

中学時代は松前中学で軟式野球を行い、U!4北海道選抜にも選ばれ楽天イーグルス杯にも出場している。昨夏の甲子園へ向けた南北海道予選では7試合で打率.250(20打数5安打)、1本塁打、7打点と打率こそ低かったものの打点は稼いでいた。甲子園では2年生ながら背番号「3」を背負い出場。初戦こそ6番だったが、2安打を放つと2試合目からは5番に昇格。2試合連続となる本塁打を放つなど決勝進出へ大きく貢献した。敗れた決勝でも3打数1安打1四球と奮闘。結局、甲子園通算で打率.438(16打数7安打)、2本塁打、4打点の成績を残している。

180センチ・76キロの体格から本塁打を量産。今夏の予選でも4本塁打を放つなど、北海道ナンバーワン野手の評価もあるほどだ。甲子園の舞台で昨年の2本を超える本塁打を放ち優勝を目指す。

川村友斗に関する動画

二松学舎大付属の左腕エース!市川睦【Players report】

キーワード

新着記事