掲載日: 文章:Clipee運営局

ドジャース・ダルビッシュは移籍後初登板初勝利!カブス・上原は1回無失点!

現地時間8月4日、MLBでは上原浩治(カブス)、ダルビッシュ有(ドジャース)、イチロー(マーリンズ)、青木宣親(ブルージェイズ)が出場を果たした。

イチローは代打で安打!

リグリー・フィールドで行われたシカゴ・カブス対ワシントン・ナショナルズの一戦。2-4と2点ビハインドの9回にマウンドへ登った上原。わずか9球で2三振を含む三者凡退できっちり締めた。

シティ・フィールドで行われたニューヨーク・メッツ対ロサンゼルス・ドジャースの一戦に先発したダルビッシュ。初回、先頭に中前打を放たれ出塁を許す。四球も絡み、2死一、三塁のピンチを招くが無失点。2回以降はあんていした投球を見せ。スコアボードに0を並べていく。この日のダルビッシュは7回無失点、被安打3、奪三振10、与四球1(99球)でマウンドを降り、移籍後初登板初勝利を飾っている。

サントラスト・パークで行われたアトランタ・ブレーブス対マイアミ・マーリンズの一戦。イチローは3-5と2点ビハインドの8回表に代打で登場。ジム・ジョンソンが投じた初球を中前打とし打率.235(132打数31安打)となった。

ミニッツメイド・パークで行われたヒューストン・アストロズ対トロント・ブルージェイズの一戦。青木は守備から入り1打席回ってきたが凡退。移籍後初打席を安打で飾ることができなかった。

ダルビッシュは勝ち負けつかずも32度目の二ケタ奪三振!

こちらの記事も読まれています

新着記事