掲載日: 文章:Clipee運営局

11年連続甲子園出場中・聖光学院のエース!齋藤郁也【Players report】

戦後最長となる11年連続甲子園出場を果たしている聖光学院高校。そのエースを務めるのが2年時からベンチ入りを果たしていた齋藤郁也だ。

氏名:齋藤郁也(さいとうふみや)
守備:投手
投打:右投左打
所属:聖光学院高校
出身:いわきボーイズ

いわきボーイズから福島県の強豪・聖光学院高校へと進学した齋藤。昨夏の甲子園で2年生ながらベンチ入り。背番号「18」を身にまとい2試合に登板。初戦となったクラーク国際高校戦では、ビハインドの5回途中からマウンドを最後まで守り抜き得点を許さず逆転勝利に貢献。準々決勝の北海高校戦でもリリーフとして登板。3.2回を1失点に抑えている。通算で8回を投げ防御率1.13。奪三振は0だったものの打たせて取る投球を見せ結果を残した。

今夏は福島県予選で3試合に登板し17回で奪った三振の数は20個。スライダー、チェンジアップを中心とした変化球で三振を奪えるようになった。

174センチ・71キロと決して大柄ではないが最速142キロのストレートはキレがある。今年のチームは前田秀紀、平野サビイら投手陣が豊富。起用法は流動的となりそうだ。しかし、エースとしてチームの関門であるベスト8を乗り越えるために甲子園でも奮闘する。

キーワード

新着記事