掲載日: 文章:Clipee運営局

ブルージェイズ・青木は移籍後初安打が初本塁打!

ブルージェイズ・青木は移籍後初安打が初本塁打!
photo by Gettyimages

現地時間8月6日、MLBでは田澤純一(マーリンズ)、青木宣親(ブルージェイズ)、上原浩治(カブス)が出場を果たした。

田澤が1回無失点投球

サントラスト・パークで行われたアトランタ・ブレーブス対マイアミ・マーリンズの一戦。4-1と3点リードで迎えた8回裏のマウンドに登った田澤。ブレーブス打線を3者凡退で退け無失点。勝利に貢献した。

ミニッツ・メイド・パークで行われたヒューストン・アストロズ対トロント・ブルージェイズの一戦。青木は8番・左翼で移籍後初となる先発出場を果たした。その青木は2-3と1点ビハインドの7回表無死一塁で勝ち越し本塁打を放つ活躍を見せるも、チームはサヨナラ負け。移籍後初安打が初本塁打となった。

リグリー・フィールドで行われたシカゴ・カブス対ワシントン・ナショナルズの一戦。4-8と4点ビハインドの9回表に登板した上原。先頭打者に被弾し1失点。その後は2者連続三振を奪うなど無安打で切り抜けた。

青木が第2号3点本塁打!イチローはスタメンで出場もノーヒット

新着記事