掲載日: 文章:Clipee運営局

50メートル6秒を切る足を持つ4番打者!永井敦士【Players report】

3年ぶり2回目となる夏の甲子園出場を決めた二松学舎大附属高校。鈴木誠也(広島)、昨秋のドラフトで指名された大江竜聖(巨人6位)の母校でもある。その強豪に新たな注目選手が現れた。下級生の時から4番を打っている永井敦士だ。

氏名:永井敦士(ながいあつし)
守備:外野手
投打:右投右打
所属:二松学舎大附属高校
出身:草加ボーイズ

草加ボーイズ時代に全国大会への出場経験もある永井。二松学舎大付属へ進学後は1年からレギュラーを獲得し注目を浴びていた。その実力通り1年秋から4番を任され、夏の甲子園前で高校通算本塁打は40本を超える。

新チームとなった昨秋の都大会は2回戦敗退、今春は準々決勝で日大三高にコールド負けを喫するなど実力を発揮できなかった。しかし、最後の夏は打率.333(21打数7安打)、6打点の成績。打線が売りであるこのチームにおいてチーム最下位と本領はまだ発揮できていない。

50メートル6秒を切る俊足もあり、長打だけでなく足も武器にできる永井が甲子園で実力を発揮できれば、聖地での勝利に近づくことができそうだ。ここで結果を残しエースの市川睦とともに、今秋のドラフトを目指したい。

永井敦士に関する動画

11年連続甲子園出場中・聖光学院のエース!齋藤郁也【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事