掲載日: 文章:Clipee運営局

明桜の4番は二刀流!山口航輝【Players report】

監督を公募で集めたことで話題となった明桜高校。8年ぶりの甲子園出場を決めたが、その原動力となったのは背番号「11」ながらエースで4番の山口航輝だ。

氏名:山口航輝(やまぐちこうき)
守備:投手
投打:右投右打
所属:明桜高校
出身:ナガセボーイズ

中学時代は大阪府のナガセボーイズでプレーしていた山口。秋田県の明桜高校へ進学後は1年時からベンチ入りを果たす。投手としてよりも、野手としての開花が早く2年から4番を任されている。今夏の秋田県予選では打率.563(16打数9安打)、1本塁打、6打点と活躍。チーム2位の打率、トップタイの打点をマーク。下級生ながらも4番としての重責を果たし、8年ぶりの甲子園出場に大きく貢献した。

投手としても4試合に登板し25.1回を投げ失点はわずかに2。奪った三振は30個と阿東的な投球を披露。投打に渡りチームを引っ張っている。大谷翔平(日本ハム)に憧れる二刀流は181センチ・85キロの体格から140キロを超えるストレートを常時投げ込む。最速は146キロと150キロを狙えるほどだ。

2018年のドラフト候補に名乗りでたい。

山口航輝に関する動画

高校通算56本塁打の大砲候補!鵜飼航丞【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事