掲載日: 文章:Clipee運営局

甲子園で2打席連続アーチ!神野太樹【Players report】

甲子園優勝経験もある名門・天理高校。2年ぶりに戻ってきた甲子園初戦で観客を魅了する本塁打を放った選手がいる。4番・右翼の神野太樹だ。

氏名:神野太樹(じんのたいき)
守備:外野手
投打:右投右打
所属:天理高校
出身:知多ボーイズ

愛知県の知多ボーイズから天理高校へと進学した神野。1年夏からベンチ入りを果たし夏の甲子園で8番・右翼で先発出場。他のメンバーは全て3年生となっており唯一の下級生でもあった。この試合では4打数ノーヒット。創成館高校に2-3でサヨナラ負けを喫している。

2年時に甲子園出場はなかったが4番に昇格。小柄な体格ながらも長打力を発揮していた。最後の夏となった今夏は予選5試合で打率.529(17打数9安打)、0本塁打、9打点とチームトップの打率、打点を記録し2年ぶりの甲子園に戻ってきた。

迎えた甲子園初戦では大垣日大高校相手に2打席連続本塁打を放ち観客の度肝を抜いた。清原和博(元オリックス他)、平田良介(中日)につぐ1試合3本塁打とはならなかったが、インパクトを残している。

172センチ・77キロと決して大きくない体格ではあるが、プロからも注目を浴びている。今秋のドラフトで将来的なスラッガー候補として指名する球団はありそうだ。

神野太樹に関する動画

4連勝中のソフトバンクは松本裕樹が3勝目かけ先発!【今日の見どころ】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事