掲載日: 文章:Clipee運営局

明徳義塾の次期エース候補!市川悠太【Players report】

8年連続となる夏の甲子園出場を決めた明徳義塾高校。日本代表候補の西浦颯大らが注目されているが、2年生右腕も甲子園出場に大きく貢献した。最速141キロのサイドスロー市川悠太だ。

氏名:市川悠太(いちかわゆうた)
守備:投手
投打:右投右打
所属:明徳義塾高校
出身:潮江中学(軟式)

潮江中学時代は軟式野球部でプレーしていた市川。明徳義塾高校に進学後、昨夏の甲子園でベンチ入りは果たせなかったものの秋からベンチ入り。秋の公式戦では4試合に登板し防御率1.06。練習試合含めると19試合で防御率2.29と安定した投球を見せた。エースの北本佑斗に次ぐ存在へと成長し春のセンバツではベンチ入り。しかし、1回戦敗退となり登板機会は訪れなかった。

今夏の予選では1試合、11.2回を投げ14奪三振、自責0で防御率0.00をマーク。8年連続となる夏の甲子園出場に貢献した。甲子園では背番号「11」で出場。1回戦の日大山形戦では先発北本の後を受け6回から延長12回までを投げ無失点。1回戦突破へ貢献している。

183センチ・70キロと細身の体型から繰り出されるストレートは最速141キロ。サイドスローからストレート、スライダーを中心に打たせて取る投球を見せる。まだ、2年生ということもあり、今夏以降にも期待が掛かる。

市川悠太に関する動画

明桜の4番は二刀流!山口航輝【Players report】

こちらの記事も読まれています

新着記事