掲載日: 文章:Clipee運営局

マーリンズ・イチロー、ブルージェイズ・青木はともに代打で出場するも凡退

マーリンズ・イチロー、ブルージェイズ・青木はともに代打で出場するも凡退
photo by GettyImages

現地時間8月14日、MLBではイチロー(マーリンズ)、青木宣親(ブルージェイズ)が出場を果たした。

イチローは好機を生かせず!

マーリンズ・パークで行われたマイアミ・マーリンズ対サンフランシスコ・ジャイアンツの一戦。7-3と4点リードで迎えた7回裏1死満塁の場面に代打で登場したイチロー。打席中に捕逸があり1点が加点され、1死二、三塁と状況は変わった。しかし、遊ゴロに倒れ追加点を奪うことはできなかった。これでイチローは打率.236(144打数34安打)となった。一方、田澤の登板機会は訪れなかった。

ロジャースセンターで行われたトロント・ブルージェイズ対タンパベイ・レイズの一戦。青木は2-1と1点リードの7回裏2死二塁の場面で登場。しかし、投ゴロに倒れ得点を奪うことはできなかった。これで青木は打率.269(212打数57安打)となった。

マーリンズ・イチローは3000本安打達成時の投手と対戦し凡退

こちらの記事も読まれています

新着記事