掲載日: 文章:Clipee運営局

花咲徳栄の2年生4番!野村佑希【Players report】

3年連続甲子園出場を果たしている名門・花咲徳栄高校。昨年のドラフトでは高橋昂也が広島から2位で指名され入団。今年は西川愛也が注目を浴びている。そして、来年も指名が期待できそうな選手がいる。2年生ながら4番を任されている野村佑樹だ。

氏名:野村佑希(のむらゆうき)
守備:内野手
投打:右投右打
所属:花咲徳栄高校
出身:太田市シニア

花咲徳栄高校入学後は1年時からベンチ入り。昨夏の甲子園出場はならなかったが、秋季大会からレギュラーを獲得。秋季関東大会では慶応高校にコールド負けを喫し春の選抜出場はならなかった。野村自身は4番・一塁で出場を果たしたが、3打数ノーヒット。

春季埼玉県大会では4本塁打を放つなど4番としての責任を果たし準優勝。関東大会は初戦で早稲田実業学校に10-9で敗れたものの、3安打猛打賞を記録。西川愛也とともに注目を浴びる存在となった。

夏の予選では7試合で打率.407(27打数11安打)、0本塁打、7打点とチームを牽引。3年連続甲子園出場へと導いた。甲子園初戦でも4打数3安打1打点の活躍を見せている。

185センチ・85キロと恵まれた体格の一塁手。パワーが売りで本塁打を期待できるスラッガー候補。2年生ということで2018年ドラフト会議の注目となりそうだ。

野村佑希に関する動画

明徳義塾の次期エース候補!市川悠太【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事