掲載日: 文章:Clipee運営局

捕手から打撃を生かしコンバート!川村啓真【Players report】

今大会限りで勇退する日本文理の大井道夫監督。その最後の甲子園出場に大きく貢献したのが川村啓真だ。

氏名:川村啓真(かわむらけいしん)
守備:外野手
投打:右投左打
所属:日本文理高校
出身:桜井中学(軟式)

桜井中学時代は軟式野球をプレーしていた川村。当初のポジションは捕手だった。中学時代にバッテリーを組んでいた稲垣豪人とともに日本文理高校に入学。1年時からスタメンで4番・捕手として活躍し期待を掛けられていた。その、打撃力を生かすために今春から外野手へとコンバート。

夏の新潟県予選では3番・右翼として出場。打率.333(18打数6安打)、1本塁打、6打点を記録している。迎えた甲子園初戦の鳴門渦潮戦。初回の第1打席で本塁打を放ち鮮烈な甲子園デビューを飾っている。続く第2打席でも適時二塁打を放つなど5打数3安打5打点と大爆発。初戦突破に大きく貢献した。

2回戦の仙台育英との試合では好投手長谷川拓帆の前に、9回まで無安打に抑えられていたが最終打席で意地の安打。2回戦敗退となったが甲子園2戦で打率.444(9打数4安打)、1本塁打、5打点と結果を残した。

今後の進路は未定だが、長打力を生かした選手としての活躍が期待される。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事