掲載日: 文章:Clipee運営局

2019年ドラフトへ!東北福祉大のサイドスロー・津森宥紀【Players report】

毎年のようにプロ入り選手を輩出する東北福祉大学。少し気は早いが2019年ドラフト候補が誕生した。日本代表にも選出された津森宥紀だ。

氏名:津森宥紀(つもりゆうき)
守備:投手
投打:右投右打
所属:東北福祉大学
出身:和歌山ビクトリーズ(ヤングリーグ)→和歌山東高校

ヤングリーグの和歌山ビクトリーズで全国大会出場経験もある津森。和歌山東高校へと進学。甲子園出場を果たすことはできなかったが、近畿大会に出場するなどの結果を残している。大学は東北福祉大を選択。

1年春からリーグ戦に登板を果たすなど期待を掛けられている。その1年春は5試合で6回を投げ無失点、9奪三振をマーク。初勝利こそ挙げられなかったものの、今後に繋がる投球を見せた。大学選手権でも3試合無失点を記録している。同年秋も中継ぎとして10試合に登板し防御率1.84と結果を残した。

2年生となった今年は5試合に登板しリーグ戦初勝利もマーク。5試合で4勝1敗、防御率0.75。この成績から大学日本代表入りも果たしている。177センチ・78キロの体型から繰り出されるストレートは最速147キロ。身体全体を使い投げるサイドスロー。ストレート、シンカーで投球を組み立て三振を奪う。2019年のドラフト候補となりそうだ。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事