掲載日: 文章:Clipee運営局

小兵の二塁手が日本代表へ!鯨井祥敬【Players report】

今夏の甲子園に出場できなかったもののU-18日本代表に選ばれた選手がいる。そのひとりが東海大市原望洋の鯨井祥敬だ。

氏名:鯨井祥敬(くじらいよしひろ)
守備:内野手
投打:右投右打
所属:東海大市原望洋高校
出身:佐倉シニア

名門シニアチームである佐倉シニア出身の鯨井。高校は東海大市原望洋へ進学。甲子園は3年生となった今春のみの出場だが、U-18日本代表にも選ばれた逸材だ。4人兄弟の末っ子で兄3人も同校の野球出身。その兄弟の中で初の甲子園出場となった。

昨秋の公式戦では14試合に出場し打率.306(36打数11安打)、0本塁打、3打点、2盗塁の成績。春のセンバツでは9番・二塁で出場し5打数1安打をマーク。

172センチ・70キロと決して大柄ではない鯨井。本塁打を量産するパワーヒッターではなく小技と守備が持ち味の二塁手だ。引っ張りではなく右打ちを得意とする井端弘和(元・巨人他)のような存在だ。小兵タイプながら日本代表に選ばれていることから技術の高さもうかがえる。日本代表でも清宮幸太郎(早稲田実業)、安田尚憲(履正社)、中村奨成(広陵)ら長距離砲が揃うチームで小技を光らせる。

鯨井祥敬に関する動画

捕手から打撃を生かしコンバート!川村啓真【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事