掲載日: 文章:Clipee運営局

大学日本代表まであと一歩!逢沢崚介【Players report】

3年生ながらユニバーシアード日本代表の最終選考まで残った逢沢崚介。名門。明治大学で2年生からレギュラーを張っているドラフト候補生だ。

氏名:逢沢崚介(あいざわりょうすけ)
守備:外野手
投打:左投左打
所属:明治大学
出身:オール岡山(ヤングリーグ)→関西高校

中学時代はヤングリーグのオール岡山プレーし関西高校へと進学した逢沢。強豪・関西高校で1年時からレギュラーを獲得し2年春、3年夏と2度の甲子園に出場。両大会とも背番号「8」をつけ、3年時は主将を任されていた。甲子園では両大会ともに無安打。通算9打数0安打で終わっている。

プロ志望届は提出せずに明治大学へ進学し、1年春から試合に出場し2年春にレギュラーを獲得する。その2年春は打率.321(56打数18安打)、0本塁打、6打点の成績を残しベストナインにも選ばれた。2年秋は成績をとしたものの、3年春に復活打率.341(44打数15安打)、1本塁打、6打点とリーグ戦初本塁打も記録している。その活躍もありユニバーシアード日本代表候補にも選ばれている。惜しくも日本代表入りとはならなかったが、3年生ということもあり来年に期待が掛かる。

逢沢崚介に関する動画

2019年ドラフトへ!東北福祉大のサイドスロー・津森宥紀【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事