掲載日: 文章:Clipee運営局

兄と同じく日本代表へ!伊藤康祐【Players report】

3年夏まで甲子園への出場はなかったものの、日本代表候補に選ばれていた中京大中京高校の伊藤康祐。最後の夏にみごと、甲子園の舞台を経験した。

氏名:伊藤康祐(いとうこうすけ)
守備:外野手
投打:右投右打
所属:中京大中京高校
出身:岡崎葵ボーイズ

法政大学でプレーしU-18日本代表経験もある伊藤寛士を兄に持つ伊藤康祐。岡崎葵ボーイズ時代から注目されており、中京大中京高校へ進学後は1年秋からレギュラーを獲得。2年時に甲子園出場はならなかったが、3年夏の予選で打率.407(27打数11安打)の高打率をマーク。主将、そして1番中堅としてチームを甲子園出場へと導いた。

甲子園初戦では広陵高校相手に6打数3安打、1本塁打、2打点と気を吐いたもののチームは敗戦。初めての甲子園で勝利を挙げることはできなかった。大会終了後には兄と同じくU-18日本代表に選ばれた。

172センチ・76キロと小柄ではあるが甲子園で本塁打を放っているようにパワーはある。また、50メートル6秒を切る俊足が売りだ。プロ志望届については明言していないが、提出すれば注目のひとりとなりそうだ。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事