掲載日: 文章:Clipee運営局

マーリンズ・イチローは代打で安打!田澤は1回3失点の乱調

現地時間8月29日、MLBではイチロー、田澤純一(ともにマーリンズ)、上原浩治(カブス)が出場を果たした。

上原は被弾で失点

ナショナルズ・パークで行われたワシントン・ナショナルズ対マイアミ・マーリンズの一戦。イチローは2-5と3点ビハインドの7回表無死一塁で登場。8球目を中前打としチャンスを拡大した。これで、打率.255(153打数39安打)となっている。一方、7回裏に登板した田澤は簡単に2死を取ったものの、二塁打と2つの四球で満塁のピンチを招く。その後、走者一掃適時二塁打を浴び3失点となった。

リグリー・フィールドで行われたシカゴ・カブス対ピッツバーグ・パイレーツの一戦。3-0と3点リードの7回表に登板した上原。先頭のデービッド・フリースから空振り三振を奪ったものの、続くジョン・ジェイソに本塁打を浴び失点。2死後に再び安打を許すと交代を告げられマウンドを降りた。この日の上原は0.2回1失点、被安打2、奪三振1(12球)の内容。

代打・イチローが球団新記録となる22本目の代打安打!

新着記事