掲載日: 文章:Clipee運営局

181センチ・88キロの大型右腕!尾形崇斗【Players report】

聖光学院が独壇場となっている福島県の高校野球。日大東北、学法石川らが「打倒聖光学院」に燃えている地域では、今年も甲子園には届かなかったがかつての名門校である学法石川からドラフト候補が誕生した。181センチの大型右腕・尾形崇斗だ。

氏名:尾形崇斗(おがたしゅうと)
守備:投手
投打:右投左打
所属:学法石川
出身:仙台広瀬ボーイズ

仙台広瀬ボーイズでプレーし福島県の学法石川に進学した尾形。1年時からベンチ入りを果たしていた。2年に進級後、主戦投手となり背番号「1」を獲得。秋の県大会では福島県3位となり東北大会へ出場。先発こそ下級生の永成廉に譲ったが、4回途中からマウンドに登ると5.1回を無失点、奪三振5と好投。チームは敗れたものの結果を残している。最後の夏は準々決勝で日大東北に4-5と惜敗し甲子園出場はならなかった。

181センチ・88キロと大柄な体格から繰り出されるストレートは最速150キロ。昨秋の139キロから11キロも球速アップとなった。スライダーなどの変化球も投げるが、ほぼストレートのみの組み立て。力で押し込む本格派。プロ志望を匂わせており、志望届を提出する意向。ドラフトでは下位指名の素材型として注目を浴びることになりそうだ。

尾形崇斗に関する動画

中京大中京のエースナンバー「1」香村篤史【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事