掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤンキース・田中が11勝目!メッツ・青木は即スタメン出場!イチローは代打出場メジャー記録達成!

ヤンキース・田中が11勝目!メッツ・青木は即スタメン出場!イチローは代打出場メジャー記録達成!
photo by Gettyimages

現地時間9月2日、MLBでは田中将大(ヤンキース)、上原浩治(カブス)、青木宣親(メッツ)、イチロー(マーリンズ)、ダルビッシュ有(ドジャース)が出場を果たした。

ダルビッシュは3回降板!

ヤンキー・スタジアムで行われたニューヨーク・ヤンキース対ボストン・レッドソックスの一戦のい先発した田中。6回に1点を失ったものの7回を97球でその1点に抑え勝利に貢献。11勝目(10敗)をマークした。この日の田中は7回1失点被安打5、与四球2、奪三振3(97球)の内容。

リグリー・フィールドで行われたシカゴ・カブス対アトランタ・ブレーブスの一戦。11-6と5点リードの7回表1死二塁の場面で上原は登板。2安打を浴び、塁上の走者は生還させてしまったものの、後続は断ち0.2回無失点の内容だった。

ミニッツ・メイド・パークで行われたヒューストン・アストロズ対ニューヨーク・メッツの一戦。メッツに移籍したばかりの青木は1番・右翼でスタメン出場。7回の第4打席で移籍後初ヒットを放ち5打数1安打。

マーリンズ・パークで行われたマイアミ・マーリンズ対フィラデルフィア・フィリーズの一戦。イチローは6-4と2点リードの6回裏に代打で登場。しかし、左飛に倒れ出塁はできかった。これでイチローは打率.248(157打数39安打)となった。なお、これで年間代打打席が90打席となりメジャー記録を更新している。

ペトコ・パークで行われたサンディエゴ・パドレス対ロサンゼルス・ドジャースの一戦に先発したダルビッシュ。初回に1点の援護をもらったものの、その裏にすぐさま同点に追いつかれる。2回は無失点に抑えたものの3回には本塁打を含む4連打を浴びるなど4失点。この日のダルビッシュは3回5失点、被安打8、与四球3、奪三振5(88球)の内容で敗戦投手。移籍後2勝2敗となった。

マー君が日本人初となるデビューから4年連続10勝!青木宣親は3安打2打点の活躍!

こちらの記事も読まれています

新着記事