掲載日: 文章:Clipee運営局

サブマリンの系譜を受け継げるか?與座海人【Players report】

東海地区の岐阜経済大学からプロ注目のアンダースローが誕生した。沖縄尚学からやってきた與座海人だ。

氏名:與座海人(よざかいと)
守備:投手
投打:右投右打
所属:岐阜経済大学
出身:浦添中学(軟式)→沖縄尚学高校

浦添中学時代は軟式野球でプレーしていた與座。沖縄尚学高校では2年時からベンチ入り。3年春のセンバツは背番号「18」で1試合に登板するも1.2回、自責4と結果を残すことはできなかった。夏の選手権では背番号「11」をつけていたものの登板機会は訪れなかった。チームメートには諸見里匠(現・國學院大)などがいた。

岐阜経済大学に進学後は1年春からリーグ戦に中継ぎで出場。2年に進級後は先発としてチームの中心となった。2年秋には6勝1敗、防御率1.26の成績を残し最優秀投手賞、MVPを受賞している。4年生となった今春のリーグ戦では4勝1敗、防御率1.17と東海地区王者に導く活躍。ベストナイン、MVPを受賞している。

全国の舞台では石巻専大相手に9回完封被安打1、奪三振10と完璧な内容。最速132キロながらも丁寧な投球で相手を翻弄した。

173センチ・74キロと決して大きくないからだだが、アンダースローを駆使しコントロールの良さで打ち取っていく。球界では牧田和久(西武)、山中浩史(ヤクルト)ら数えるほどしかいないアンダースロー。その系譜を受け継ぐ選手として今秋のドラフトで指名されるか注目が集まる。

與座海人に関する動画

最後の秋に打撃向上を目指す!三倉進【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事