掲載日: 文章:Clipee運営局

青木が移籍後7試合連続となる2点適時打!

青木が移籍後7試合連続となる2点適時打!
photo by Gettyimages

現地時間9月9日、MLBではイチロー(マーリンズ)、青木宣親(メッツ)が出場を果たした。

イチローは代打で四球

サントラスト・パークで行われたアトランタ・ブレーブス対マイアミ・マーリンズの一戦。イチローは5-5の同点で迎えた9回表先頭打者として代打で登場。この打席でイチローは四球を選び出塁を果たした。しかし、得点には結びつかず、その裏に1点を失いサヨナラ負けを喫している。イチローは今シーズン通算で打率.261(165打数43安打)となった。

シティ・フィールドで行われたニューヨーク・メッツ対シンシナティ・レッズの一戦。青木は2番・右翼で先発出場し7回裏に1死二、三塁の場面で中前2点適時打を放ち移籍後7試合連続安打となった。この日の青木は4打数1安打2打点の成績。これで青木は打率.279(262打数73安打)となっている。

メッツ・青木は4試合連続安打と好調をキープ!

こちらの記事も読まれています

新着記事