掲載日: 文章:上杉 あずさ

上杉あずさの今週の1ダホー!急成長中、オスカー・コラス

慣れてきたのは生活だけではありません。日本の野球にも少しずつ慣れてきて、結果にも繋がってきました。“パワー野球”だったというキューバの野球から、“頭を使う野球”という日本の野球へと、少しずつ順応してきました。5月末からの途中加入ながら、現在、3軍で2位の4本塁打を放っています(9月9日現在)。先月末には2軍戦デビューも果たし、初打席で公式戦初ヒットも放ちました。

入団時からコラス選手の打撃指導をする、大道3軍打撃コーチは、「今、3軍選手の中で、一番調子がいいですよ。バッティングだけなら1.5軍クラスですよ」と太鼓判を押します。来日当初は、「まずは日本の生活、日本の野球に慣れること」を第一にしていました。練習でも試合でも苦戦しながら、結果もなかなかついてこない日々でした。しかし、ここ最近、そこから大きく成長曲線を辿っているコラス選手。一番の成長は、“変化球への対応”だと言います。大道コーチは、「来たばかりの頃は、キューバに変化球はないんじゃないかってくらい打てなかったんですけどね(笑)下半身の使い方も良くなってきて、我慢できるようになってきたし、タイミングもとれるようになってきました」と目を細めます。コラス選手は、覚えも速いそうで、ここまで学んできたものを自分のものに出来ているようです。ちなみに、来日するまでバントもしたことがなかったそうです。全力ダッシュも、日本の野球ほどは重視されていなかったようで、ウォーミングアップの時からアップアップになっていることもしばしばでした…。そんな慣れない日本野球も日々学んで、体当たりして、順応してきています。

「進化率はズバ抜けている」という大道コーチの言葉から、今後の更なる成長が楽しみです。兄貴分として慕っているデスパイネ選手のような主砲にいつかは・・・。投手としても、ここまで3軍戦9試合で11.2イニングを投げ、防御率は1.54の安定感(9月9日現在)。いつかは、チームの勝利に貢献するモイネロ選手のように…。今週は、まだまだ夢も可能性も溢れる若きコラス選手のワンダホー!お届けしました。

中日・山井が今季初登板初勝利!雄星完投勝利で西武2位!【8月31日試合結果】

新着記事