掲載日: 文章:Clipee運営局

マーリンズ・田澤が回跨ぎもこなし1.2回をパーフェクト投球!メッツ・青木は1安打!

マーリンズ・田澤が回跨ぎもこなし1.2回をパーフェクト投球!メッツ・青木は1安打!
photo by Gettyimages

現地時間9月10日、MLBではイチロー、田澤純一(ともにマーリンズ)、青木宣親(メッツ)が出場を果たした。

イチローは守備から出場

サントラスト・パークで行われたアトランタ・ブレーブス対マイアミ・マーリンズの一戦。田澤は5-5の同点で迎えた7回裏1死一塁の場面で登板。打者2人を抑えこの回を無失点で切り抜けると、回を跨ぎ8回のマウンドにも登った。8回も三者凡退でブレーブスを封じた田澤。この日は1.2回をパーフェクトピッチング。

イチローは7回裏途中から左翼の守備に入り2度、打席が回ってきたものの凡退。打率.257(167打数43安打)となった。

シティ・フィールドで行われたニューヨーク・メッツ対シンシナティ・レッズの一戦。青木は2番・左翼で先発出場。初回の第1打席で二塁打を放ち移籍後8試合連続安打を達成した。その後は、凡退に終わり5打数1安打。通算打率.277(267打数74安打)となっている。

メッツ・青木が3安打猛打賞!田澤は延長で登板するも敗戦投手に

新着記事