掲載日: 文章:Clipee運営局

佐渡から初のプロ入りを目指す!菊地大稀【Players report】

無名の高校から将来型の投手が誕生した。新潟県佐渡島の佐渡高校エース・菊地大稀だ。

氏名:菊地大稀(きくちたいき)
守備:投手
投打:右投右打
所属:佐渡高校
出身:真野中学(軟式)

真野中学時代は軟式野球をプレーしていた菊地。当時、市のセンバツメンバーとして離島甲子園に出場した経験もある。佐渡高校では1年時からベンチ入りを果たす。その後、2年時に背番号「1」を獲得。3年春に140キロを超すストレートを投げプロ注目の存在となった。春の練習試合で145キロをマークし甲子園への期待も高まっていた。しかし、甲子園予選前に肉離れを発症し万全の状態で臨めなかった最後の夏は、初戦で8回6失点を喫し敗退。甲子園、北信越大会など大きな大会への出場はないもののの、プロ10球団が視察に訪れる素材の持ち主だ。

185センチ・80キロと長身から投げ込むストレートは最速145キロ。スライダー、カーブなども投じるが、ストレートが中心の本格派。即戦力投手ではなく素材候補として下位指名でのドラフト指名が見込まれる。同校、そして同島からプロ野球選手は誕生していない。佐渡島勢として初のドラフト指名にも期待が掛かる。

菊地大稀に関する動画

181センチ・88キロの大型右腕!尾形崇斗【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事