掲載日: 文章:Clipee運営局

今秋のドラフトでも白鴎大からプロ入りなるか!?今村暁人【Players report】

岡島豪郎(楽天)、大山悠輔(阪神)ら野手陣の活躍が目立つ白鴎大学OB。昨年、中塚駿太(西武)がドラフト指名されたが、今年もドラフト候補が誕生した。最速148キロ右腕の今村暁人だ。

氏名:今村暁人(いまむらあきと)
守備:投手
投打:右投左打
所属:白鴎大学
出身:二日市レオボーイズ→久留米商業高校

久留米商業高校では2年時からベンチ入りを果たし、夏の甲子園予選でも好投。秋季福岡県大会で優勝を果たし九州大会へ出場。しかし、3回戦の創世館戦で7回9失点のコールド負けを喫している。3年春の九州大会にも福岡3位で出場を果たし優勝。決勝は延長13回を投げ抜いた。最後の夏は5回戦で甲子園に出場することとなる自由が丘高校に敗退。プロ志望届けはだ出さずに白鴎大学へ進学。チームメートだった鳥巣誉議は同じ関甲新学生野球連盟の上武大学へと進んでいる。

1年秋から登板機会を得たが主戦となったのは4年生になった今春だ。6試合に登板し2勝0敗、28.1回を投げ防御率1.59の成績を残している。大山、中塚が抜けたチームを支えている。

176センチ・70キロととりたてて大きくない身体から繰り出されるストレートは最速148キロ。今春も28.1回で16四死球と制球難が気になるところだが、プロ入りを目指す。

今村暁人に関する動画

大学通算100安打を達成!望月涼太【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事