掲載日: 文章:Clipee運営局

沖縄尚学から亜細亜大の成功ルート!山城大智【Players report】

藪田和樹(広島)、東浜巨(ソフトバンク)と好投手を輩出している亜細亜大学に新たな有望投手が出現した。現在3年生の山城大智だ。

氏名:山城大智(やましろだいち)
守備:投手
投打:右投右打
所属:亜細亜大学
出身:今帰仁中学(軟式)→沖縄尚学高校

今帰仁中学時代は1学年上の平良拳太郎(DeNA)とともに全国大会に出場した経験もある山城。沖縄尚学高校へ進学し1年時からベンチ入りを果たす。2年夏から3季連続で甲子園に出場し8試合に登板48回を投げ防御率2.81の成績を残した。

プロ志望届けは出さずに亜細亜大学へ進学。沖縄尚学高校から亜細亜大学へのルートは東浜と同様だ。1年秋に3試合に登板したが勝ち星はなく、初勝利は3年生となった今春の開幕週だった。専修大学との2回戦9回に登板し1回無失点。その裏に味方がサヨナラ勝ちを収め白星を手にしている。今秋は先発を任され、日大と争った開幕週の2戦目で6回1失点と好投。通算2勝目をマークしている。

177センチ・82キロと平均的な体格から投げ込むストレートは140キロ台後半を記録する。高校時代の代名詞でもあったトルネードからフォームも変わり成長した山城のドラフトは2018年だ。1年間に更なる成長が行われることを期待したい。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事