掲載日: 文章:Clipee運営局

青木、イチローともに代打で出場しノーヒット

青木、イチローともに代打で出場しノーヒット
photo by GettyImages

現地時間9月15日、MLBでは青木宣親(メッツ)、イチロー(マーリンズ)が出場を果たした。

青木の2打席目は四球

サントラスト・パークで行われたアトランタ・ブレーブス対ニューヨーク・メッツの一戦。7回表2-3と1点ビハインドの場面で代打として登場した青木。この打席は遊ゴロに倒れた、その後守備につき9回に回ってきた2打席目は四球を選び、この日の青木は1打数ノーヒット。打率.268(280打数75安打)となった。

マーリンズ・パークで行われたマイアミ・マーリンズ対ミルウォーキー・ブリュワーズの一戦。2-2で迎えた7回裏2死無走者の場面でイチローは登場。カウント2ボール0ストライクからの3球目をスイングするが一ゴロに倒れている。これでイチローは打率.262(172打数45安打)となった。マーリンズは8回表に8点を失い2-10で大敗となっている。

マーリンズ・イチローは代打で四球!田澤は2回無失点!

こちらの記事も読まれています

新着記事