掲載日: 文章:Clipee運営局

マーリンズ・イチロー、メッツ・青木ともに無安打に終わる!

マーリンズ・イチロー、メッツ・青木ともに無安打に終わる!
photo by GettyImages

現地時間9月20日、MLBでは青木宣親(メッツ)、イチロー(マーリンズ)が出場を果たした。

今季最後の直接対決は両者無安打

マーリンズ・パークで行われたマイアミ・マーリンズ対ニューヨーク・メッツの一戦。青木は1番・右翼、イチローは代打で出場を果たした。

メッツに移籍後好調をキープしていた青木だがこの日は4打数無安打に終わり、連続試合安打は4で途切れた。打率.277(303打数84安打)となっている。

イチローは7-2と5点リードで迎えた8回裏無死走者無しの場面で登場。初球をスイングしたものの一ゴロに終わっている。これでイチローは打率.262(187打数49安打)となった。田澤純一の登板機会は訪れなかった。

優勝までマジック2となっているロサンゼルス・ドジャースはフィラデルフィア・フィリーズに敗れ優勝は持ち越し。

イチローは敬遠四球に1イニング2安打!青木は猛打賞!

こちらの記事も読まれています

新着記事