掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤンキース・田中は6回途中8失点!メッツ・青木は猛打賞!

ヤンキース・田中は6回途中8失点!メッツ・青木は猛打賞!
photo by Gettyimages

現地時間9月22日、MLBでは田中将大(ヤンキース)、青木宣親(メッツ)、イチロー、田澤純一(ともにマーリンズ)が出場を果たした。

田澤は2回無失点

ロジャースセンターで行われたトロント・ブルージェイズ対ニューヨーク・ヤンキースの一戦に先発した田中。初回に味方の失策が絡み1点を失うと3回にはテオスカー・ヘルナンデス、4回にはラッセル・マーティンに一発を浴びてしまう。6回には四球2つと安打で2死満塁のピンチを招くとライアン・ゴーインズに満塁本塁打を被弾。ここでマウンドを降りた。この日の田中は5.2回8失点(自責7)、被安打6、与四球3、奪三振6の内容で12敗目(12勝)。

シティ・フィールドで行われたニューヨーク・メッツ対ワシントン・ナショナルズの一戦。青木は1番・右翼でスタメン出場。5回に訪れた1死二塁の場面で適時打を放つと、続く6回にもこの日2本目の適時打で存在感を発揮。この日の青木は4打数3安打2打点1盗塁の内容だった。これで青木は打率.283(307打数87安打)。

チェース・フィールドで行われたアリゾナ・ダイヤモンドバックス対マイアミ・マーリンズの一戦。イチローは7-7の同点で迎えた3回表1死一、二塁の場面で登場。一打勝ち越しの場面だったが二ゴロに倒れた。これでイチローは打率.261(188打数49安打)となった。田澤は8-7と1点リードの4回裏から登板。2回を無失点、被安打1、与四球1の内容だった。

ヤンキース・田中が7回2失点で12勝目!マーリンズ・イチローは先発出場でマルチ!

新着記事