掲載日: 文章:Clipee運営局

メッツ・青木は1番・左翼でノーヒット

メッツ・青木は1番・左翼でノーヒット
photo by Gettyimages

現地時間9月26日、MLBでは青木宣親(メッツ)が出場を果たした。

イチローは出番なし

シティ・フィールドで行われたニューヨーク・メッツ対アトランタ・ブレーブスの一戦。青木は1番・左翼でスタメン出場。初回の第1打席は凡退し、迎えた3回裏、1死二塁のチャンスでは左直に倒れ打点を挙げることはできなかった。2-3と1点ビハインドで迎えた8回裏の最終打席で四球を選び出塁すると、後続の犠飛で同点のホームを踏み試合は延長戦へ。最後はメッツがサヨナラ勝ちを収めている。この日の青木は4打数無安打で打率.277(325打数90安打)となった。

代打でのシーズン最多安打記録にあと2本と迫っているイチロー(マーリンズ)。この日クアーズ・フィールドで行われたコロラド・ロッキーズ対マイアミ・マーリンズの試合では出番がなく、残り5試合で2安打という状況となっている。

メッツ・青木は3試合連続となる安打を放つも最後の打者に

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事