掲載日: 文章:Clipee運営局

最速147キロ!広陵の次期エース!森悠祐【Players report】

中村奨成の活躍が多く取り上げられた広陵高校。しかし、注目選手は2年生にも存在する。甲子園でも3試合に登板した森悠祐だ。

氏名:森悠祐(もりゆうすけ)
守備:投手
投打:右投右打
所属:広陵高校
出身:東広島シニア

東広島シニアから広陵高校へと進んだ森。1年時からベンチ入りを果たし、2年夏の甲子園広島県予選では4試合に登板。絶対的エースである平元銀次郎が存在することで、先発での起用はなかったものの中継ぎとして4回を投げ、無失点と結果を残している。

甲子園では初戦の中京大中高校校戦に登板。この試合では1死も取れず被安打2、与四球1、与死球1の3失点とほろ苦い全国デビューとなった。準々決勝でも中継ぎで登板したが、1回2失点と再び打ち込まれた。しかし、決勝では9回表2死からマウンドに登るとプロ注目の西川愛也(花咲徳栄)から三振を奪っている。甲子園では3試合に登板し1.1回、奪三振1、防御率33.75の成績となった。

178センチ・78キロの体格から最速147キロを投げ込む本格派右腕。スライダー、カーブと変化球はあるがストレートで押し込む投球が持ち味だ。そのストレートを武器に平元の後を継いでチームを引っ張っていきたい。

森悠祐に関する動画

名門・箕島のエース右腕!中川虎大【Players report】

キーワード

新着記事