掲載日: 文章:Clipee運営局

172センチと小柄な技巧派右腕・大野亨輔【Players report】

近年ではアマチュアでも150キロを超えるストレートを投じる投手が多くなってきた。しかし、ストレートの最速が140キロ台でも技で抑えていく投手も存在する。三菱日立パワーシステムズの大野亨輔だ。

氏名:大野亨輔(おおのきょうすけ)
守備:投手
投打:右投左打
所属:三菱日立パワーシステムズ
出身:星稜中学(軟式)→星稜高校→専修大学

星稜中学、星稜高校でプレーを続けていた大野。中学時代に軟式野球の全国大会優勝経験を持っているが、高校時代は甲子園出場を果たすことはできなかった。また、2年時からベンチ入りを果たしていたものの、西川健太郎(元・中日)がおり、エースにはなれなかった。3年時に西川はプロ志望届を出したものの、大野は進学を選択し専修大学へと進んでいる。

大学時代は1年時からリーグ戦に登板。4年春には4勝1敗、防御率1.55の成績を残しベストナイン、最優秀投手を受賞するなどの実績を残した。ここでも、プロ志望届は出さずに社会人野球の三菱日立パワーシステムズへ入社野道を選んでいる。

社会人1年目から実績を残し都市対抗野球にも出場。日本生命線では8回途中、無失点、被安打5の甲乙を魅せ勝利投手にも輝いた。また、U-23ワールドカップ日本代表にも選ばれ2試合に登板し3回を投げ無失点と結果を残している。

172センチと小柄な大野の最速は140キロ中盤。スピードで勝負するタイプではなく、カットボールを武器にゴロを量産するスタイルだ。コントロールもよく先発として長い回を投げることもできる。即戦力として今秋のドラフトでも注目の一人だ。

大野亨輔に関する動画

浪人から150キロを投げるまでに復活!永野将司【Players report】

新着記事