掲載日: 文章:Clipee運営局

高校時代に右ヒジ手術を経験!渡邉大地【Players report】

今秋のドラフトで大学生ナンバーワン投手と言われている東克樹。その東が所属する立命館大学に無名の存在ではあるが、注目したい投手がいる。大分雄城台高校から進学した渡邉大地だ。

氏名:渡邉大地(わたなべだいち)
守備:投手
投打:右投右打
所属:立命館大学
出身:大分雄城台高校

渡邉は大分雄城台高校時代に甲子園、九州大会出場経験はないが最速146キロのストレートを投げ注目を浴びていた。下級生時には肘の手術も経験しており、3年間満足に練習できなかったにも関わらずだ。3年時にプロ志望届は提出せずに立命館大学へ進学を選択する。

1年時は登板がなかったものの2年春、秋にそれぞれ中継ぎで1試合ずつの登板。3年春に初めて先発として起用され、完封を含む2勝をマークした。以降登板はなく今春も登板機会は訪れていない。

176センチ・72キロと決して大きくない身体から150キロ近いストレートを投げ、スライダー、チェンジアップなどの変化球を操っている。同チームには日本代表のエースでもある東克樹など有力選手が控えており、登板機会は少ない。しかし、潜在能力はあるとみられている。10月5日時点でプロ志望届を提出しておらず、次のステージでプレーするかはわからないが、期待したい存在だ。

リーグ史上二人目の完全試合達成!山本隆広【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事