掲載日: 文章:Clipee運営局

関甲新学生野球連盟で今春のMVP!小豆澤誠【Players report】

島田海吏、鳥巣誉議らプロ注目の選手が豊富な上武大学。今秋にプロ入りを志望しないものの、その他にも注目選手はいる。遊撃手の小豆澤誠だ。

氏名:小豆澤誠(あずきざわまこと)
守備:内野手
投打:右投左打
所属:上武大学
出身:大阪福島シニア→飛龍高校

静岡県・飛龍高校時代に甲子園出場経験はなかった小豆澤。2年秋の静岡県大会で静岡3位となり東海大会へ出場したのが最高成績だ。東海大会では菰野高校に敗れ準々決勝敗退となっている。3年時はプロ志望届を出さずに上武大学へ進学の道を選ぶ。

大学では1年秋から試合に出場し、打率.311(45打数14安打)、1本塁打、8打点の成績を残しベストナイン(二塁)を受賞した。以降遊撃手にコンバートされると打撃面より守備が評価されプロ注目の存在となった。最高学年となった今春は打率.438(32打数14安打)とキャリアハイの成績を残し首位打者を獲得。MVP、ベストナインを受賞した。

170センチと小柄ではあるが、長打を放てるパワーはある。今秋のドラフトではプロ志望届を提出せずに社会人へ進む見込みとなっており、2年後のドラフトに期待が掛かる。

小豆澤誠に関する動画

高校時代に右ヒジ手術を経験!渡邉大地【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事