掲載日: 文章:Clipee運営局

186センチの長身から最速148キロを投げ込む本格派!阪口皓亮【Players report】

北海道の強豪高校である北海高校。OBには「ミスタースワローズ」こと若松勉らが名を連ねる。そして今年も有力な選手が登場した。本格派右腕の阪口皓亮だ。

氏名:阪口皓亮(さかぐちこうすけ)
守備:投手
投打:右投左打
所属:北海高校
出身:大阪大正ボーイズ

大阪・大正ボーイズでは比嘉賢伸(盛岡大付)とチームメートだった阪口。比嘉が盛岡大付属高校に進む中、阪口は北海高校を選択している。2年夏の甲子園でチームは準優勝を果たしたが、自身はメンバー入りとならず悔しい思いをした。3年夏の予選では背番号「10」だったものの全7試合に登板。絶対的エースである大西健斗(現・慶応大)がいた前年のチームとは異なり、多間隼介との継投策で勝ち上がり3年連続の甲子園切符を手にしている。

甲子園でも先発を任された阪口は3.2回、被安打8ながら1失点と粘りの投球。敗れたものの最速148キロのストレートを投げるなど注目を浴びた。

186センチ・80キロの長身から投げ込む本格派右腕。カーブ、カットボールなどの変化球も投げるが魅力は角度のあるストレートだ。すでに、プロ志望届は提出しており、注目度は高い。素材型としてのドラフト指名はあるかもしれない。

阪口皓亮に関する動画

津田学園をエース兼主将として甲子園へ導いた水谷翼【Players report】

キーワード

新着記事