掲載日: 文章:Clipee運営局

4番・主将・遊撃手で甲子園2季連続8強!比嘉賢伸【Players report】

春夏の甲子園でベスト8に進出した盛岡大付属高校。そのチームを4番・主将として引っ張ったのが、比嘉賢伸だ。

氏名:比嘉賢伸(ひがけんしん)
守備:内野手
投打:右投左打
所属:盛岡大附属高校
出身:大阪大正ボーイズ

大阪・大正ボーイズ時代は阪口皓亮(北海高校)とチームメートだった比嘉。阪口が北海高校に進学し比嘉は盛岡大付属高校を選択した。1年時から遊撃手のレギュラーを獲得し2年夏、3年春夏と3季連続で甲子園に出場。3年時は主将にも任命されている。3度の甲子園では10試合で打率.333(42打数14安打)、1本塁打、5打点の成績を残し、植田拓とともに打撃陣を引っ張った。

9月15日にはプロ志望届も提出。植田、平松竜也、三浦瑞樹ら有力選手が進学、社会人を選択する中、チームからは唯一のプロ志望だ。

180センチ・76キロの大型遊撃手としてプロからも注目を浴びている。4番を任される打撃が売りの比嘉。大型だが動きはよくもっさり感はない。甲子園終了後にトレーニングで6キロ減を達成。俊敏さを獲得した。近年、同校からは松本裕樹(ソフトバンク)がプロ入りを果たしている。松本先輩に続くプロ入りを果たしたい。

比嘉賢伸に関する動画

186センチの長身から最速148キロを投げ込む本格派!阪口皓亮【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事