掲載日: 文章:Clipee運営局

田嶋とともにプロ入りを!板東湧梧【Players report】

昨年のドラフト会議で注目されながらも指名のなかったJR東日本の板東湧梧。今年は同僚の田嶋大樹とともにプロ入りを目指す。

氏名:板東湧梧(ばんどうゆうご)
守備:投手
投打:右投右打
所属:JR東日本
出身:大麻中学(軟式)→鳴門高校

鳴門高校時代は2年春夏、3年春夏と4度の甲子園に出場した板東。2年春のセンバツでは投手としてではなく、途中出場ながら二塁手として出場を果たしている。3年になるとエースナンバーを背負い6試合に登板。夏の選手権ではチームをベスト8に導いた。プロ志望届は提出せずに社会人野球のJR東日本へ入部する。

1年目から公式戦に出場するなど期待を掛けられていた。昨年のドラフトで皆勤となったがドラフト指名はなく今年に再チャレンジ。

181センチ・76キロと長身から投げるストレートは最速145キロ。最速こそ、そう速くないが平均して140キロ台を投げることができる安定感がウリだ。昨秋にヒジを故障した影響もあり今年は出遅れ。都市対抗野球では登板がなかった。しかし、日本選手権関東最終予選ではJR千葉戦に登板し5回無失点4奪三振の内容。最後のアピールを行っている。今秋のドラフト指名があるか注目が集まる。

板東湧梧に関する動画

社会人日本代表にも選出!若林晃弘【Players report】

こちらの記事も読まれています

新着記事