掲載日: 文章:Clipee運営局

ソフトバンク大量10得点快勝!デスパイネ3安打2打点の大暴れ!【10月28日試合結果】

10月28日、プロ野球は日本シリーズの第1戦が行われた。

ソフトバンクが大事な初戦を大勝でモノにした。

初回に先頭の柳田悠岐が安打で出塁すると、犠打で進塁し、デスパイネの適時二塁打でソフトバンクが鮮やかな先制劇を見せる。2回には長谷川勇也の2ランでリードを3点とする。1点を返された5回には今宮健太、デスパイネ、柳田の適時打など、打者10人の猛攻で一挙7得点を奪い、大量リード。

先発の千賀滉大は7回を投げ1失点、被安打4の好投でチームを勝利に導いた。

19年ぶりの日本シリーズに進出したDeNAはなかなか思い通りの動きができず、大敗を喫してしまった。しかし9回2死から代打で出場した高卒新人の細川成也が日本シリーズ初打席で安打を放つなど、明日に向けて明るい材料もあった試合だった。

10月28日の試合結果は下記

ソフトバンク(10-1)DeNA

D |000 010 000|1
ソ |120 070 00X|10

勝:千賀(1勝0敗)
敗:井納(0勝1敗)
【本】
ソフトバンク:長谷川勇1号(2回裏2ラン)

DeNAが4連勝で1998年以来19年ぶりの日本シリーズへ【10月24日試合結果】

こちらの記事も読まれています

新着記事