現役時代から監督時代までヤクルトスワローズ一筋で過ごしてきた古田敦也さん。
数々の成績を残した名捕手ですが、”プロ野球史上最多の通算8回のシーズン打率3割”など打撃面でも球界の歴史に残る成績をおさめています。
そんな古田さんから、独自の打撃理論をもとにした「バッティング上達術」を紹介していきます。

第2回目は、簡単なワンポイントで飛距離を伸ばすことが出来る「飛距離を伸ばすスイング理論」についてご紹介致します。

インパクト前に腕を張る

これまでは、構えた時はゆったりしていて、ゆとりがあるからインパクトの瞬間には腕が自然と伸びて飛距離に繋がると言われてきました。
しかし、現在の理論では、右バッターであればインパクトに入る前に必ず左腕を張ることです。
今のプロ野球選手はほぼ全員がインパクトの前に必ず腕が張ってます。
いくつかの選手は構えた時点からすでに腕を張った状態にしてます。現在、言われてる飛距離を出す理論について元ヤクルトスワローズの古田さんが解説されてます。
見解としては、インパクトの瞬間に右打者であれば、左腕だけでなく右腕も張ってないとパワーがボールに伝わらないので遠くへ飛ばせません。なので、張っておくことは非常に重要なことです。
それを意識はしていたでしょうが、インパクトに入る前から腕を張る意識というのは初耳です。
最初から張っているとスムーズなスイングが出来ないと考えていましたが、スムーズに行かなければバッドを短く持てば対処できることに納得がいきます。

水平に振るレベルスイング

また、レベルスイングで必ず打つことを推奨してます。
レベルスイングとは並行にバットを出すことです。
上から叩くダウンスイングではボールを叩くので遠くに飛ばすことが出来ないです。
飛距離を出すには、昔では非常識であったレベルスイングが常識になってきてるようです。

ボールを上から叩くアッパースイングも良いですが、それはバットを上から下へ振り下ろすことではなく、並行なレベルスイングからボールを潰しにかかるイメージが飛距離に繋がるというのがよくわかる解説です。

最後に

たしかに上から下すダウンスイングはフライを打ち上げずにゴロを打てるという利点がありそうですが、解説では子供の頃からレベルスイングで打つように指導されてるので昔に野球少年だった大人にするととても新鮮な指導法だと感じ取れます。
それでも少年野球の練習を見学するとまだまだダウンスイングを教えてる監督さんが多いのも事実です。

こちらの記事に関連するタグ

movie_leeson02
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事