面白おかしい川崎宗則の姿から僕らが学ぶこと。

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

アメリカで5年目のシーズンを迎えた川崎宗則選手。
今年からシカゴ・カブスに移籍しましたが、なかなかメジャー定着とはいかないようです。
懸命にプレーする姿が多くの人を魅了する川崎選手ですが、そのチャーミングな人柄も相変わらず人気を集めています。
2014年に日本の某バラエティ番組が「川崎宗則を好きすぎる海外番組MC」という特集を放送したことがありますが、今回はその時に使われた映像と、2015年以降の映像を交えてご紹介します。
野球の持つもうひとつの魅力を楽しむととも、野球に限らずスポーツをする人にとって大切なことを川崎選手の姿から感じて下さい、

ムネリン、MLBネットワーク初出演時の笑撃

MLBネットワークの番組「インテンショナル・トーク」に出演した川崎選手、MCのウケ方がスゴイです。ちなみにしたのワイプで抜かえているMCは、以前日本の球団と契約をめぐってちょっとしたトラブルを起こしたケビン・ミラーです。

かなり英語が上達したムネリン、ジョークは健在?

2015年の映像です。もう英会話の本は手にしていません。
聞き取りに関しては完璧のようですね。ただ、最後のジョーク・・少しスベった感じでしょうか。

ムネリンの高度なスライディング技術とお得意ウインク

短い動画ですが、川崎選手のスライディング技術の高さが賞賛されています。
アナウンサーと解説者は、その後のウインクを見て笑ってしまうのですが、最後に別の意味で川崎を褒めます。
それは野球には技術やパワー以外にの大切なことがあることを示しています。

2015年、ケビン・ミラーが再びムネリンを語る

前半は何故か川崎のダンスシーンが流れます。
いつもどおり面白い踊りですが、ほとんど野球と関係ありません。
見るべきは、その後のスタジオでのやり取りです。ケビンの熱弁の後に、もう一人のコメンテーターが漏らす一言に注目です。

まとめ

以上、愛すべきムネリンの動画を4本ご紹介しました。
川崎選手がアメリカで愛されるのは、ただ面白いだけではないことがおわかりいただけたでしょうか。
「川崎が加入してチームの結束が高まった」「川崎のおかげで緊張がほぐれている選手もいる」そんな言葉を動画の中で聞くことが出来ます。
川崎は、自分が目立ちたくて踊ったり、おかしな仕草をしているわけではないのです。
フィールドの中・外を問わず、彼の頭の中には常に「フォア・ザ・チーム」という言葉があります。

面白おかしい川崎宗則の姿から僕らが学ぶこと。
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

ナショナル・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事