掲載日: 文章:寄稿

ホームベース上のクロスプレーにおけるランナーとキャッチャーの心得

イチロー選手は時として常識では考えられない走塁をすることがあります。
特にホームベース上のクロスプレーでは、完全にタイミングはアウトで、多くの選手は諦めるような状態でも、イチロー選手の場合にはそこで粘って、なんとかセーフになろうとします。
「忍者」と称されるほどの走塁で、誰にでもできるプレーではないですけど、この意識は多くが見習わないといけないでしょう。

アウトのタイミングでも粘ればセーフになることも?

基本的にはこういう場面ではキャッチャーもランナーにタッチすればアウトなので、なんとかタッチをしようと動きます。
そこでホームベースが空きます。
その隙を狙って、身体を捻らせながら、イチロー選手はホームインを果たし、セーフになるのです。

イチロー選手の執念というか、完全にタイミングはアウトでも、粘って粘ってセーフになろうとすれば、まだ可能性は残っているということです。
イチロー選手は、それで実際にセーフになっているわけですから、最後まで諦めないことの必要性を感じさせてくれるのではないでしょうか?

こういったプレーが生まれるのはキャッチャーのミス?

イチロー選手の凄さが際立つプレーにも見えますけど、これは実はキャッチャーのミスだと思われます。
キャッチャーの動きがまずいのです。
それはランナーにタッチをしにいくのではなく、ベースの前で待っていればランナーの方から絶対にこっちにくるので、それにタッチをすれば良いからです。

つまり、キャッチャーはホームベースで待っていれば良くて、ランナーの方に動いてはいけないのがセオリーとされています。
ランナーの方に動くとベースが空いてしまい、ランナーがホームベースに触ることができる余地が大きくなりますから。

今はメジャーでも日本でもキャッチャーがホームベースを塞いだり、走路の邪魔をすることについてはルールが厳しくなり、こういったプレーも今後扱いがどうなるのか?は分かりませんが、キャッチャーは本能に任せてランナーにタッチしに行くのではなく、冷静になってホームベース上で待っていないといけないということは覚えておくべきでしょう。
ランナーはタイミングはアウトでもとにかく諦めないこと、キャッチャーはホームベースから動かないこと、ホームベース上のクロスプレーではそれぞれこういった心得が必要になります。

プロから学ぶバッティング上達術:第4回「実践を意識したティーバッティング」

こちらの記事も読まれています

新着記事