【2016夏の甲子園注目選手】快速球右腕・創志学園の高田投手

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

今夏の甲子園に出場すれば、最速右腕として注目されそうなのが、岡山・創志学園のエース高田萌生投手です。

今春の甲子園では、150キロ右腕として、注目されました。
高田投手は、「平成の怪物」と称された松坂大輔投手が甲子園春夏連覇の偉業を達成した年に生まれたことから、「松坂二世」の異名をとっています。

夏の甲子園で、150キロの快速球が見られるかどうか注目されます。

松坂投手に憧れ、松坂二世の異名も

高田投手は、当時横浜高のエースで、現プロ野球ソフトバンクの松坂大輔投手が春夏連覇を達成した年に生まれました。
高田投手は松坂投手を目標とし、テレビや新聞などで、投球フォームを研究したそうです。
いつしか、フォームも似ているといわれるようになり、松坂二世の異名をとるまでになりました。
それほど、全盛期の松坂投手に心酔しているようです。

ストレートだけでなく、鋭いスライダーを武器とすることも、共通しています。
高田投手の魅力は、その伸び代にあるのかもしれません。野球を始めたのも中学生のころと、それほど野球経験が長くないようです。
しかしながら、創志学園入学後の高校1年生で、早くもストレートの最速が150キロに到達したといいます。その潜在能力ははかりしれません。

高田投手の快速球を生み出しているのは、徹底した走り込みにあるようです。瞬発力の強化にも力を注いでいるといいます。1日のランニングメニューは、100メートル走を50本という、陸上選手並みの走りこみの量を誇っています。すでに回復したものの、走り込みが原因で、疲労骨折したほど、自分を追い込んだそうです。

こうした徹底した走り込みによって、150キロの快速球が生み出されただけでなく、スタミナもついてきたようです。
高田投手擁する創志学園は、昨秋の中国大会で優勝を果たしました。高田投手は、その中国大会で、四試合連続完投も記録しています。

残念ながら、創志学園は春の甲子園で勝ち進むことはできませんでしたが、そのスピードボールはファンの注目を集めました。高田投手には、プロ野球のスカウトも、注目しているといいます。

身長は178センチ、それほど上背はないものの、マウンド度胸と、ピンチでのクレバーさも光ります。
高田投手が夏の甲子園で活躍すれば、さらに注目度も増すのではないでしょうか。

高田萌生投手に関する動画

創志学園 高田萌生のブルペンでの投球練習

対 高松商戦のピッチング

アイキャッチ用.fw_r1_c3
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事