細身ながら、ストレートの最速は150キロを誇る大阪桐蔭のエース左腕・高山優希投手。
大阪桐蔭が激戦区の大阪を勝ち抜くためには、高山投手の奮闘が欠かせません。

最速150キロでプロのスカウトも注目

最速150キロのストレートを誇る高山投手は、高校の先輩でもある阪神の藤浪晋太郎投手を目標としています。
藤浪投手といえば、大阪桐蔭の春夏連覇に貢献しました。
高山投手は春の甲子園で上位進出することはかないませんでしたが、その実力の片鱗を見せ付けました。

甲子園での投げっぷりで、プロ野球のスカウトからの視線もさらに集中するようになったのではないでしょうか。
高山投手が球速150km/hをマークしたのは、昨秋の明治神宮大会でのことでした。
それまでの最速は145km/hだったということですから、一気に飛躍したことになります。

甲子園に出場した快速球左腕として名前が思い浮かぶのは、当時、花巻東高校のエースだった菊地雄星投手。
その菊池投手は春の甲子園で152キロをマークしており、高山投手にとってもひとつの目標となっているのではないでしょうか。

高山投手の目標は、もちろんスピードボールだけではありません。
最速記録の先にあるのは、チームの優勝です。

高山投手の目標とする藤浪投手は、甲子園で、花巻東の大谷将平投手との投げ合いを演じました。
そして春夏連覇を達成し、プロ野球の阪神にドラフト1位指名で入団、プロ1年目から二桁勝利を挙げる活躍で、新人王にも輝いています。

高山投手の目標も、甲子園での優勝です。
上背こそ藤波投手ほどではありませんが、直球と、100キロkm/h台のスローカーブ、さらにはフォークやスライダーと、多彩な球種を誇っています。
さらに左腕が遅れて出てくるため、バッターには打ちにくいのではないでしょうか。
夏の甲子園では、大阪桐蔭のエース、高山投手に注目が集まりそうです。

高山優希選手に関する動画

大阪桐蔭 高山優希投手投球練習 

大阪桐蔭 高山優希投手ピッチング 対土佐戦

こちらの記事に関連するタグ

アイキャッチ用.fw_r1_c2
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事